Sucre Brun

ベランダ・ガーデニングと、おうちカフェ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベノアのスコーンでティータイム♪



先日の、うめだ阪急の英国展で買ってきた
ベノアのスコーンで
早速、ティータイムにしてみました♪



DSC06807


マグカップにアールグレイを入れて、スコーンには、
近所のスーパーで買ったクロテッド・クリームと
ラズベリーのジャムを添えて。

本当は、クロテッド・クリームも、ジャムも、
もう、器から盛り上がるくらいに、たっぷり入れるのが
イギリス風なんですけれども☆

でも、そんなにいっぱいつけると、カロリーが気になるので
このくらいに((^^;;



DSC06808


スコーンには、紅茶の茶葉が入っています。
もう一つ、別に買ってきたのは、カレンズのスコーンでした。
(こちらも美味しかったです♪)

ショップでもらってきたリーフレットによると、
「スコーンはアルミホイルで包んで、オーブントースターで
温めると、外側サックリ、中はふんわり」になります、
ということだったので、そうやって、温めてみました☆



DSC06810


イギリスでのスコーンの食べ方は、
まず、スコーンを上下二つに手で割ります。

そして、濃厚なクロテッド・クリームをつけて、ジャムをたっぷり乗せたら
出来上がり♪

どっしりと重みのあるスコーンは食べ応えたっぷりで
美味しかったです~(^-^)


・・・


昔、私がホームステイしていた、エクセターは
イギリスの南西部、デヴォンにあり、
ティールームには、「デヴォンシャー・クリームティーあります」と
よく書かれていました。

クリームティーというのは、こんな風に、
紅茶とスコーンがセットになって出てきて
クロテッドクリームとジャムが添えられているもののことです。

特に、デヴォンシャー・クリームティーがイギリスで有名なのは
デヴォンの農家で、クロテッド・クリームを作っているからみたいです。


現在、日本では、生クリームなどを製造しているNakazawaが
中沢クロテッドクリームを販売しています。

私は、イギリスにいた時の影響で、スコーンには、断然、クロテッドクリーム派です☆

そろそろ、オーブンでお菓子を焼いても、
暑くない時期になったので、
また、家でも、スコーンを焼いて、クロテッドクリームをつけて
頂きたいですね♪


・・・


こちらの英国旅行記のページでも、クリームティーについて、書いています。
また宜しければ、御覧下さいね~☆






ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援頂けると
とても、励みになります~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


        皆様にポチッとして頂くだけで、順位が上がります。
             (クリックで、別画面が開きます)

       あしあと代わりに、応援クリック、よろしくお願いします~
             いつも、応援ありがとうございます☆




楽天市場
 

 | HOME | 

プロフィール

akiko_mama

Author:akiko_mama
(cocoa)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。